ロッコールってなに? サイトトップへ
株式会社ロッコール
株式会社ロッコール
会社概要 アクセス お問い合わせ
株式会社ロッコール
ロッコールってなに?

  2008年4月、当社は社名を(株)東京フォト企画から(株)ロッコールと改めました。では、ここで今さら聞けない素朴な疑問。「ロッコールとは何なのか」

  ロッコール(Rockall)島はスコットランドの西方沖合約370qの海上に位置する岩です。ここでは何の関係もありません。

  写真好き、カメラ好きの中高年世代は「ロッコールレンズ」をご存知かと思いますが、これは、今はなきカメラメーカー、ミノルタが1946年からレンズのブランド名としてきたもので、1981年までは主にこの名称が使用されました。実際につい最近までコンパクトカメラにロッコールレンズがありましたが、もちろん既に生産はされていません。
 では何故、社名がロッコールなのか。本題に入りましょう。

  1955年、ミノルタのメーカー誌として、そのレンズ名をとって「ロッコール」という月刊誌が創刊されました。当時では考えられないようなトッポくて、カッコいい写真誌です。写真愛好家を会員として、クラブ誌の形態をとっていましたが、その頃の若手写真家がキラ星の如く誌上に登場しています。

 

  やがて、あまりにも先行しすぎた同誌は休刊の憂き目をみますが復刊も果たし、形を変えたり、名前を変えたり、スタイルを変化させたりしながら52年9ヶ月続き、2008年1月、無事(?)廃刊となりました。

  この「ロッコール」誌の創刊編集長であり、1994年に亡くなるまで編集を続けたフォトジャーナリストの玉田顕一郎が、当社の創設者なのです。そして、2004年から当社が同誌の編集を引き継いだのですが、「フォトスクエアマガジン」(旧ロッコール)最終号の発行後、立ち退きを2ヶ月後にひかえたオフィスでスタッフ3人が気楽にお茶。

「なぁんかさぁ、気が抜けちゃったわねぇ」「ロッコールも終わったしねぇ」
「ふぅぅん、引越しの準備かぁ」「しっかし、凄い量の写真集をどうするぅ?」「そりぁ、50年分だもんね」「ロッコールも終わったしねぇ」
「ねぇ、住所変更で色々作り直さなくちゃ」「いっそ、社名も変えちゃったりして」「ロッコールも終わったしねぇ」
「写真展の準備はどうする?」「ロッコールも終わったしねぇ」
「面白い事やりたいなぁ」「ロッコールも終わったしねぇ」
と言う訳で、新社名、ロッコールが決定したのでした。

株式会社ロッコール
月刊写真集 オリジナルペットグッズRFP ボタンコレクション アクセサリーコレクション エギジビションあれこれ 乗り物グッズ同好会 週刊ロッコール